うお秀-京料理、京懐石

uohidekyo.exblog.jp
ブログトップ
2014年 08月 12日

大文字送り火

立秋も過ぎましたが、まだまだ残暑が続き 秋立つ感は、大文字の送り火が過ぎた頃からでしょうか

早や 出始めの松茸と、益々脂が乗って美味しくなった名残りのはもで しゃぶしゃぶや、土瓶蒸し
 夕方になると、庭から 虫の音も聞こえてきて、 若狭ぐじの 酒蒸しなどの、温かいお料理も
 ぜひ、召し上がっていただきたいとおもいます。

ところで、京都のお盆の行事は 一般的に今日8月12日には、お仏壇をきれいに掃除し、13日には仏前に盆棚を作り、大きなハスの葉に、夏野菜やくだものを盛り、槇の葉に水をつけて振り掛けて、ご供養します。13日には、門口でお迎えを焚き、16日の送り火は大文字です。
 お盆の間、お精霊さんに精進料理の御膳を、お供えします。 高野豆腐・かぼちゃ・茄子・蒟蒻・
 椎茸・黄湯葉・ぜんまい・あらめ ・・・おひたし・ごまあえ・煮焚き物など。
 ご先祖さまを、お迎えし、おもてなし、お送りします。
お盆の行事が過ぎると 味覚の秋がやってきます!


by uohide-kyoto | 2014-08-12 15:32


<< 重陽の節供      八月のおすすめ料理 >>