うお秀-京料理、京懐石

uohidekyo.exblog.jp
ブログトップ
2014年 12月 21日

冬至南瓜

b0314468_14314375.jpg
冬至は 太陽が一年中で最も南に位置し、北半球では正午の太陽の高さが、最も低く
日照時間が最短
「冬至 冬なか 冬はじめ」と言われるように、暦の上では 冬の最中ですが 実際は
これからが本格的な冬本番で、益々 寒さも厳しくなります。一方で
「冬至より 畳の目だけ 日が延びる」と言われるように、寒いながらも少しづつ
春に近づいて行きます。





又 冬至は太陽の力が衰えてから 回復に至る重要なポイントで、暦の起点として
そして、丸く黄色く実る 柚子 を太陽になぞらえて、太陽の回復力にあやかる…願いを込め
(ゆず風呂)に入ると、中風にならない! 風邪をひかずに 健康で過ごせるという風習に
発展したとも言わます。
 冬至の朝、かぼちゃと小豆を炊いたり 冬至粥・冬至こんにゃくなど
 特定のものを食べる風習が いろいろあります。


by uohide-kyoto | 2014-12-21 15:27


<< 一富士 二鷹 三茄子      寒ぶり 冬の味覚 >>