うお秀-京料理、京懐石

uohidekyo.exblog.jp
ブログトップ
2015年 01月 02日

一富士 二鷹 三茄子

b0314468_15112933.jpg
新年 あけましておめでとうございます。本年も宜しくお願い申し上げます。
京都のお正月は、特に昔からの しきたりが多く残るようです。
元旦の朝 三種肴(田作り・たたきごぼう・数の子)と、白みそのお雑煮 (かどを立てずよろず丸くおさまるようにと 丸もち・丸く輪切りにした雑煮大根、京人参、頭いも) でお祝いします。
そして 今日二日の夜にみる夢が 「初夢」 すでに室町時代には宝船や、悪夢を食うというバクを
描いた紙を、枕の下に敷いて寝ると いい夢が見られるという風習もあったそうです。





いい夢としてよく言われる「一富士・二鷹・三茄子」は江戸時代の初め、後水尾天皇が めでたい夢と
して書き記されたことに由来するといわれているそうです。
 これらは 徳川家康公の出身地の名物で、家康公の好んだものを挙げたという説もあり…
  古来から 霊峰とされた富士山
  鳥の中で 最も強い鷹
  ついた花は、すべて実につながる茄子 立身出世、子孫繁栄につながり縁起が良いとされます。
今晩は いい夢をみられて 今年一年幸せに過ごせますように……


by uohide-kyoto | 2015-01-02 16:14


<< かぶら蒸し 冬の京都の味      冬至南瓜 >>